FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

トマトラボラトリー

プロフィール

さと

Author:さと
トマトが好きな物書き大学生です。
目下の悩みは「一人暮らししたらトマトをどうやって補給しようか」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.09
08
Category : 日記
夏休み、弟の大会ついでに、富士急ハイランドに行ってきました。
6年ぶり位だと思います。
前はトンデミーナもええじゃないかも無くて、面白い遊園地、くらいの印象だったんですけど。
久しぶりに行ったら、強烈になってました。
絶叫戦隊ハイランダーってなんだよ……。
しかもどの写真見てもレッドがやる気なさそうっていう^p^
やる気ないレッドって流行ってるんですかね。
ブルーは女好き、イエローは金の亡者、グリーンはロリコン、ピンクはストーカーっていうどうしようもない戦隊ですよ!
こいつらは着ぐるみ着たまま喋ってても大丈夫な感じ。
というか、実際うちわ持って歩いてたんだけど……。
各アトラクションにあるテレビから流れてるムービーがひどかったです。しょうもなさがひどかった。
富士急の醍醐味ってこのしょうもなさだと思うのですが、こういうのはどうやって決まってるんだろう……会議を見てみたい。
ネーミングにしろ、広告にしろ、絶妙だと思います。
未だに嘘看板に騙されてる人が結構いましたよ。
でもアトラクションが増えて、前より嘘看板が減りましたね。人力ジェットコースターGEISHA?とか、隕石もなくなってたかな……。

四大ジェットコースターの感想をば。
【ドドンパ】
二時間待ちの文字に負けた。
あれ前置きが長いのか準備に時間がかかるのか、回転が悪いんですよね。
そして並ぶと漏れなく無限ループのあのBGM。
\ドッドンパッ/\ドッドンパッ/
高飛車に並んでる間、あの発車音がうるさかった\(^o^)/
最後のブレーキでみんなつんのめるんですよね。
でもやっぱり乗りたかったなあ……。
あれは強烈です。助走つけてガーッていく感じ。


【FUJIYAMA】
王道中の王道。
富士山は雲が掛かっていて見えなかったのが残念だったけど、晴れてるときに来るととても綺麗。
じわじわ登っていく緊張感も、最初の落下のきたああああいって感じも、かかるGも、振り回される感もすごく王道。
いやあいいですねえ。
結構振り回されるので、乗り心地ではスチドラがやはり一番。
ドドンパとFUJIYAMAは、カメラに対応できる余裕があります。みんなカメラ目線。

【ええじゃないか】
個人的にNo.1。
50分待ちで乗れたという。待ち時間の映像が面白かったです。
「カメラは4回回ったところにあります(うろ覚え)」
頑張ってカメラ目線しようと思ったけど無理だった。カメラの存在すらわからなかった。何回回ったかなんて分かるはずがない。
外から見てると分かるんですが、20人乗ってるうち、叫んでるのは3人くらいなんですよ。あとは沈黙。
私はずっと爆笑してました。ジェットコースターのコツは冷静にならないことだよ☆
いやあやっぱり、足の踏ん張りが利かない(宙ぶらりん)上に、地面と体が平行な状態で落下はなかなかにきつい。
かつ、落下しつつんぐり返りですからね、座席が。
私「楽しかった!!ねえ!!!!」
弟「………………」
死んでた。

ちなみに発車のアナウンスは、
男「ぐるぐる回るけど、ええかなー?」
客「ええじゃないかー\(^o^)/」
でした。


【高飛車】
二時間待ったお\(^o^)/
ドドンパに引き続き、「たーかびしゃ、たーかびしゃ」っていうのが流れてました。
高飛車も予想外の塊のようなジェットコースターでした。
あまりにも待ったから、高いところに居たのを忘れてて、スタートしたらすぐに暗闇で落下してびびった。
見えないのって怖いです。体のどこに力を入れればいい分からない。
FUJIYAMAだとローラー、ドドンパだと空気で加速してるイメージなのですが、高飛車は電気?っぽかったです。ウィンってシュッと加速した。
ウィンって加速して、そのまま走りだすという。落下ドコー
初速度がかなりあったんだろうな。
「あー力学的エネルギー保存ー」とか思いながら乗ってました。結構キツかった。
8人乗りだから、動きが軽い。ビュンビュン行きたい人にオススメ。
そして山場の鈍角落下!
……の前には垂直上昇があるんですよねこれ死んだ。
上に「ハイテンションでいるべし」みたいなことを書いたけど、高飛車はそんなことは許さない。さすが高飛車。
上昇の前に5秒くらい止まるんです。それのおかげで頭がクールダウンして、そこからの垂直。怖い。
だって! 垂直って! 壊れたら自由落下しちゃうよ! ……これが一番怖かった。お願いだから早く昇りきって。
昇りきったら昇りきったでまた止まります。
足元のレールが見えないとこでね^ヮ^
Rの字になって落ちるので、Rの右上の場所で止まると、続きのレールが見えないんです。
私「早く落ちてはやくううううあっ落ちr」
カメラ\パシャッ/
私「忘れてたああああああああああああああ(落下)」
大体みなさん忘れてましたねカメラの存在。
あとの記憶がありません。なんかやたら速かった記憶が。車体軽いねやっぱり。

こんな感じで、高飛車は自分の中のジェットコースターのテンプレがぶち壊してくれましたありがとう。
また乗りたいです。高飛車一番怖かったな……。
あとは、従業員さんの
女性スタッフ「ビッシャービッシャータカビッシャーいってらっしゃーい(棒)」
棒読み加減が素敵でした。
デズニーと対極にありますが、それが富士急の良さである。



こういうしょうもない記事書くと止まらなくて困る。
読書感想文より長いなんて信じない。
色々もそもそ考えることが多いのでネタが尽きません。嬉しいやら悲しいやら……いや、ただの馬鹿だ。

過去の記事を見返すと、私のハイテンションっぷりが頭おかしい。
忘れてたこともたくさんあって懐かしさに浸りましたが、それでも頭おかしい。
もう4年もやってるんですねー。不思議だ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント