FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

トマトラボラトリー

プロフィール

さと

Author:さと
トマトが好きな物書き大学生です。
目下の悩みは「一人暮らししたらトマトをどうやって補給しようか」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.09
21
Category : 日記
そういえば、英語の参考書に雪國冒頭の英訳があって、「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」までは知っていたのですが、その続きまで載っていて。
「夜の底が白くなった」でしたっけ(うろ覚え)
内容は知らないけれど、しっとりとしたいい言葉だなあと。なんでここまで引用しないのもったいない!


今日、授業で先生に「毎年学年によってクラスの雰囲気って変わるけど、きみらはあったかいね」って言われて、家に帰ってからじんわりきております。
先生のほんわかボイス補正もかかってますが、「あったかい」集団っていいなあと。
実際どうなのかはいまいち自覚ないけれど、そんなあったかいクラスメイトたちと毎日を過ごせたなら、それはすごく幸せなことだなあと感じました。
確かに思い出は大体あったかいです。
真冬の夜に、公園で震えながら語った打ち上げの記憶も、思い出されるのは寒さではないですものね。ほっこりした何かです。
「あたたかい」でなく「あったかい」です。炬燵に入った瞬間に、無意識に呟く「あったかー」です。
心地よいのと同時にぬるま湯でもあるんだろうな。
人間関係のいざこざも殆どないし。ややこしいのは移動教室くらいだ……って言ったら文系に怒られそう。皆さん校舎を縦横無尽に移動していらっしゃるので。
でも、このぬるま湯に浸かれるのもあと半年ということで、ざぶんと頭まで浸かってみたら鼻にお湯が入って涙が出ました\(^o^)/
秋の夜ってメランコリック!

あったかい友達といた三年間でした。
毎年意外と変わるものだなと。それぞれであったかかったです。


先生ほんといいこと言った。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。