FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

トマトラボラトリー

プロフィール

さと

Author:さと
トマトが好きな物書き大学生です。
目下の悩みは「一人暮らししたらトマトをどうやって補給しようか」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
06
Category : 日記
まともに日記らしい日記を書いていないので、久しぶりに書いてみます。
GWは、だらだらする暇もないはずなのにだらだらしていました。
地元に残っているということで、ミニ同窓会の幹事をしつつ。
入学してまだひと月しか経ってないんですけどね。せっかくなので会えたらいいなあと。

今回はただごはん食べてひたすらしゃべるだけの会でした。
ひと月会ってなかったけれど、それこそ夏休み明けのような感じで、違和感もなく楽しめました。
明日学校があったら会えそうな感じ。会えないんだなあ、と思って一人悲しんでいたりします。
大学も楽しいけど、高校の友達はやっぱり安心しますね。
距離感が確立してるから、どこまでやっていいかわかってるし、どこまで受け入れてくれるかもわかってる。
時間が経ったら、大学の友達もかけがえのないものになるんだろう。そうなりたい。

私が幹事を引き受ける理由は、地元だからってのもありますが、一番の理由は「私がみんなと会いたい(遊びたい)から」です。
人にお願いだけして自分がひたすら楽しむのは悪い気がして……。
言っても、大した働きはできないんですけどね。

Twitterで毎日会話していても、たまにSkypeで状況報告をしていても、それでも顔を合わせるのは嬉しいなと感じました。
むしろ、SNSで連絡を取り合っている人ほど、会ったときの感慨は大きかったように思います。
自分の選択と強運さに感謝したりもしました。この仲間と出会えてよかったなあと。
本当に偶然の塊でここにいますから。幸せものです。
大声で音頭を取る元学級委員や、恋愛の話になると急に熱くなる女の子が、すぐ近くにいるっていうこと自体に癒されます。
大学の友達の高校時代の話を聞いて、母校がどれだけ真面目だったかを思い知ったのですが、まあこれでよかったなと。
許される範囲を目いっぱい走り回って、笑いあえるのが最高だなって思いました。
中学の頃から高校の楽しみを、高校の頃から大学の楽しみを知ってしまうのはもったいないです。
その時々のラインギリギリで楽しむのが青春ってやつだろ! と。22時を超えても帰らなくていい喜びを噛み締めながら思ったのです。
いつかおばさんになって、高校時代の600日どれかをもう一度体験できるよって言われたとします。
選んだのが、行事やテストもない、普通の一日だったとしても、30年後の私にはとても眩しく思えるんじゃないかな。
坂を上って席について、授業を受けてお弁当を食べる。それだけの一日を懐かしむ日がいつか来るんだろうな。


クラス会や打ち上げから帰ってお風呂に入っている間が一番悲しいです。なんでかわからないけど。
明日こそ勉強しなきゃなー!!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント