FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

トマトラボラトリー

プロフィール

さと

Author:さと
トマトが好きな物書き大学生です。
目下の悩みは「一人暮らししたらトマトをどうやって補給しようか」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.09
05
Category : 日記

先日、この界隈では有名な団体の演奏会を聴きに行きました。
プログラムの最初の曲が、私が二回目の演奏会で弾いた思い出深い曲でした。理由はというと、私が初めて楽しいと思って弾けた曲だからです。そりゃあ稚拙に稚拙を重ねたような技量で? 先輩の後ろでちょろちょろ弾いてる? くらいの感じだったんですけども。それでも楽しくてしょうがなかったんです。
その団体は当然のことながらめちゃくちゃ上手い(同じ楽器が出してる音とは思えなかった)のですが、やっぱり自分が演奏した瞬間と同じ気持ちにはなれなくて。
自分で演奏してる時の方が、何倍も楽しいんだということに気づきました。演奏してるときの感覚はかなりメンタルに左右されますが、あの音の水の中で息をするようなワクワク感はなかった。

眠いのでかなり日本語ガバガバです。
私が演奏会を聞いてウワー! って楽しくなるときはいつも水の中にいるような感覚になってます。ホールっていう入れ物に音が満ちて、奏者がきらきらして見えて、この瞬間が全てだと叫ぶように音が私の体を震わせます。
これと同じ感覚が、その曲を弾いてるときにもあったんですけど、やっぱり聴くより弾いた方が大きいよなあと。
指揮者が本当に気持ちよさそうに振っていて、後ろからも前からも横からも豊かな音が飛んできて、ちょっと視線を逸らせば体全体で弾いてる人がいて。ああ、私は今渦の中にいるのだなあ、と、そう気付いたときにそれはもう楽しくて楽しくて。半分も弾けたかわからなかった曲ですが、(先輩たちのおかげで)めちゃくちゃ楽しく弾けました。

いつのまにやら次の演奏会が最後になってしまいまして、まだまだ下手くそで吐きそうなくらいなのですが、後輩に少しでも楽しい思いをしてもらえたらなと思います。少しは頼り甲斐のある先輩になりたかった…なれるだろうか…いやなります。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。